アメリカの自動車メーカー求人

自動車メーカー求人TOP >> 国別 >> アメリカの自動車メーカー求人

アメリカの自動車メーカー求人

アメリカの自動車メーカー求人について見ていくと、アメリカのメーカーの日本法人での募集があります。例えばクライスラージャパンなどのように、社名のあとに「ジャパン」とついた法人がそれに当たります。日本でオフィスを構えているところが一般的ですが、海外のメーカーでは販売店が中心のところもあるので、勤務先や業務もそれに従ったものとなります。クライスラーの場合は、テクニカルサービス部認証業務、VPC完成検査員といった職種を募集しています。まずテクニカルサービス部認証業務について見ていくと、業務内容は車両の技術情報に加えて、テスト結果報告を本社から受ける業務になります。具体的な業務を見ていくと、例えば車両型式申請を控え、申請書の準備をしたり、関連する官庁との折衝といったものになります。このほかにも、例えば新しい法規制の調査、結果の本社への報告があります。テストというのは、型式認証を控えて、必要なテストの実行です。他にも、各種の認可の取得などがあります。申請、認可、報告といった業務が中心になります。

必要となる経験と能力については、やはり法規則の知識になります。また、自動車工学の基礎知識、自動車関連の法規則です。他のメーカーでの経験などが生きる業務になるので、転職の場合でも候補として入れておいていいでしょう。また、自動車メーカーにて車両の認証業務の経験が必要になります。こちらは3年以上の経験が必須ということで、条件として頭に入れておきます。また、関連官庁との折衝経験も優遇されます。他にも、チェレンジ精神や自主性、積極性というのが明記されています。また、外国人とのコミュニケーション、あるいは英語での書類作成といった業務もあり、英語について条件が記載されています。TOEICでは650以上、会話と記述能力、そしてPC操作が必須です。

海外のメーカーということで、労働条件を見ていくと、裁量労働制となっています。また、応募方法も特殊であり、履歴書および職務経歴書については和文と英文、郵送で直接応募することになります。海外のメーカーの場合、転職サイト経由で応募できるところもありますが、直接郵送で送るというところが目立ちます。海外では個人が直接履歴書を送るという文化があるようで、その影響も受けてのことでしょう。

海外メーカーの中でも、専門性が高く、条件の多い求人でしたが、他にも未経験で可能なもの、あるいは新卒での採用もあります。いろいろなものを見ていき、海外メーカーの求人の特徴を知っておきましょう。

自動車メーカーの求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 自動車メーカー求人ガイド【※賢く転職をスタート】 All Rights Reserved.