中国の自動車メーカー求人

自動車メーカー求人TOP >> 国別 >> 中国の自動車メーカー求人

中国の自動車メーカー求人

中国の自動車メーカー求人について見ていくと、大きな特徴があります。それは、世界各国のメーカーとの合弁企業が中心というものです。これについては、中国での輸入における問題点が関係しています。中国では輸入車に対して非常に高い関税が課せられます。そいたがって、世界の一大市場である中国で販売をあげるためには、現地生産が必須となります。これならばコストもかかりません。しかし、現地生産を行うためにはある取り決めがあります。それは、中国の自動車メーカーとの合弁企業をつくるというものです。輸入関税を逃れる目的で現地生産を使用としても、合弁企業を作る必要があるのです。このような事情もあって、中国の自動車メーカーを見ていくと、海外のメーカーとの合弁企業が非常に多くなっています。

では、合弁企業が多いことと、求人とはどのような関係があるでしょうか。これは例えば、日本のメーカーでも中国との合弁企業を形成しているところがあり、日本のメーカーにまず採用され、そこから中国に派遣されるという方法になります。これが一番わかりやすく、中国のメーカーで働く方法ではないでしょうか。そもそも、中国の自動車メーカーの求人を検索してみても、単独で行っているところや、日本法人を設立しているところはなかなか探しにくいです。そのような事情もあって、まずは日本のメーカーのうち、中国のメーカーと合弁企業をしているところを探すのがポイントになります。

海外のメーカーも含めて、具体的な例をあげていくと、一汽大衆というメーカーがあります。これはフォルクスワーゲンと提携しています。また、天津一汽夏利汽車/XIALIというメーカーは、日本のトヨタ・ダイハツとの合弁企業です。天津一汽豊田というのは、その名前からもわかるように、トヨタ、そしてダイハツとの合弁企業となっています。さらに、四川一汽豊田も同じくトヨタ、華利汽車はダイハツとなっています。これだけ見ても、いかに合弁企業が多いかがよく分かるでしょう。なおかつ、同じ日本のメーカーでも複数の合弁企業を持っているのです。こうなると、例えばトヨタのような企業ならばかなり多くの合弁企業を中国に持っていると考えられます。トヨタ経由で求人を探したり、中国で働く方法を探した方が効率が良いのではないでしょうか。

他にもいくつか例をあげると、一汽馬自達はマツダ、上海通用はゼネラルモーターズ、沃汽車はボルボ、啓震汽車は日産自動車などとなっています。アジアの国ということで、日本との合弁企業の多さが目立ちます。

自動車メーカーの求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 自動車メーカー求人ガイド【※賢く転職をスタート】 All Rights Reserved.