一般職採用の自動車メーカー求人

自動車メーカー求人TOP >> 条件別 >> 一般職採用の自動車メーカー求人

一般職採用の自動車メーカー求人

一般職採用の自動車メーカー求人について見ていくと、例えば大手のメーカーならば、一般職、技術職両方の採用を行っているのが普通です。生産から販売までの一連の流れをメーカーで包括的に行っているので、毎年一定人数を採用しています。違いと言えば、技術職は機械・工業系が中心の理系学部卒の人を採用する一方、一般職は分野に関係なく人材を募集しています。ここでひとつ勘違いしやすい点として、理系ならば必ず技術職を志望しなければならないと思っている人がいますが、実際にはそんなことはありません。理系でも一般職で働きたい方、理系の中でも自動車と関係のない分野出身の人などは一般職に応募し、そのまま採用されることもあります。技術職が専門分野の学生限定と考えておくと、わかりやすいです。

一般職での仕事内容は多岐にわたります。例えば商品企画の業務があります。また、マーケティング・営業企画といった業務もあります。これらは、自動車を作る前に行う業務であり、製品の方向性を決定する業務です。また、販売事業、アフターサービス企画といったものもあります。これらはお客さんの手元に製品を届けるところ、届けた後でのサービスに関わってきます。他にも、資材や部品の調達についての業務などもあります。その一方で忘れてはならないのは、自動車メーカーにかかわらず、企業の中で必須の職種です。経理・財務のほか、法務、広報、人事といったものがそれにあたります。

給与については、企業の規模によって変わりますが、大手では20万円台前半と考えておけばいいでしょう。もう一つ、メーカーで働くにあたっては勤務地がいろいろあります。国内の各事業所が中心になりますが、メーカーによって本社が地方にあるところも少なくありません。その場合は、地方と東京に二つの本社、あるいはそこに大阪本社を加える事もあります。そして、日本全国に工場があり、そこでも勤務する可能性があります。工場といえば技術職の人の職場と考えがちですが、一般職の人が配属されることもありますし、本社勤務であっても工場に出向く機会は多くなります。さらに、研究所、あるいは大手ならば海外の事業所も多く抱えており、そこで働く機会も多くなってきます。

一般職と技術職の違いをあげるとすれば、例えば採用人数の違いがあります。メーカーはオフィスに比べて工場の数が多く、技術職の人の人数が多いために、採用人数もその傾向があります。全体での募集人数は多いために、それほど気にすることではありませんが、一応頭に入れておきましょう。

自動車メーカーの求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 自動車メーカー求人ガイド【※賢く転職をスタート】 All Rights Reserved.