工場勤務の自動車メーカー求人

自動車メーカー求人TOP >> 条件別 >> 工場勤務の自動車メーカー求人

工場勤務の自動車メーカー求人

自動車メーカーは国内に工場があります。そこで働くことが工場勤務となります。工場勤務では技術職、簡易的補助作業員、組立工員に分けられます。大学を卒業して工場勤務をする人はほとんどいなく、高卒や高専卒業者に向けて求人を出しています。簡易的補助作業員は主に派遣社員であったり、期間従業員としての採用となります。高卒や高専を卒業し新卒で入ってくる人たちは正社員として勤務することになります。

勤務地の工場での採用
工場勤務の場合は、その勤務先の工場での採用になりますから、他の工場への転勤などはありません。自動車を生産していくのでシフト制になっています。工場はいったん止めてしまうと再稼働させるのに大きなエネルギーとお金がかかります。その為24時間工場を動かす必要があるのです。交代勤務で働くのが通常です。大体どの自動車メーカーの工場でも2交代や3交代になっています。

国内だけの工場で車を作っていくとコストが多くかかってしまいます。その為、自動車メーカーは新興国にも工場を出しています。新興国に工場があっても生産ラインで仕事をしている人が海外勤務となることはありません。

工場勤務を行う場合、年収は450万円から500万円です。大卒の人や総合職の人とは給与の格差があります。入社して5年もすればかなりの給与格差が生まれてきます。

工場勤務は辛い?
自動車メーカーの工場勤務で正社員であれば福利厚生もしっかりしていますし、他の業種に比べて給与も高めに設定されています。サービス残業もないですし、勤務して10年も経てば高い給与を得ることができます。夜勤があるのは必須ですので、体力が有り余っている若いころなら問題はないのですが、年齢が上がるにつれて体力も落ちますので、夜勤は体力的につらく厳しく感じます。2交代や3交代は生活のリズムが他の昼間勤務している人とはかなり異なるので、体調を崩してしまう人もいます。

専門的な知識があれば
専門的な知識や資格があればキャリアアップしていくことができます。この場合は、多くの場合大卒に限られますが、工場勤務後に管理職への道が開けてきます。専門的な知識を持って資格を生かしたいのであれば、工場勤務への道もあるのです。管理職になれば2交代や3交代をする必要はありません。また、他の工場への転勤があったり、海外の工場への転勤も出てきます。海外の工場へ転勤をした場合もその工場での管理職となります。

自動車メーカーの求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 自動車メーカー求人ガイド【※賢く転職をスタート】 All Rights Reserved.