50代向けの自動車メーカー求人

自動車メーカー求人TOP >> 条件別 >> 50代向けの自動車メーカー求人

50代向けの自動車メーカー求人

50代の転職は厳しくなる
50代で自動車メーカーに転職する場合は、かなり厳しい状況になることを覚悟しておいたほうが良いでしょう。あくまで中途採用になるので50代であれば30代、40代よりも高いスキルを求められます。しかも即戦力としてだけでなく管理職としても機能していくかどうかを見られます。

同じような職種や業界で今まで働いてきた知識や経験がないと、50代になってからの自動車メーカーへの就職は難しいです。高い営業能力がある、高い語学力があるなど、他の人よりひいでたものがあれば50代であっても、また業界が未経験であっても採用される確率は高まります。

積極的に50代を求人募集しているメーカーも
国内や外国の自動車メーカーの中で売り上げも良く業績が好調なところは50代の求人も積極的に行っています。新卒採用ももちろんありますが、新卒者の場合には採用してから本当に働き始めるまで研修を重ねなければなりません。業界のイロハから教え込むので時間がかかります。しかし、中途採用者でしかも高い経験と知識がある人を採用すれば、即現場に出て力を発揮してもらえます。研修にかかる時間と費用を大幅に節約できるのです。しかも高いスキルを持ち合わせているとすれば会社にとっても大きなプラスとなります。

近年では中国やアメリカへの海外転勤が増えています。経済大国となりつつある中国や輸入大国であるアメリカとは自動車メーカーは切っても切れない関係なのです。その為、中国語や英語のスキルがあれば求人への応募時に有利に働きます。また、今までの営業経験があれば実績をアピールすることでセールスエンジニアとして採用される可能性が高まります。

ハイブリッド車や電気自動車を
最近の自動車メーカーはハイブリッド車や電気自動車に力を入れています。他のライバルメーカーよりも少しでも高い技術開発をしようと躍起になっています。その為、電気系の技術を持つエンジニアを育てようとしているのです。中途採用でも電気系の高い技術力を持っている人材はのどから手が出るほど欲しいのです。

技術開発をするうえで高い技術力を持っていることは大切ですが、チームとして技術開発をして行くので若いスタッフを育てる力が無い人、コミュニケーション能力が低い人はいくら技術力が高くても、魅力的な人材には映りません。技術力の高さだけでなくその他のコミュニケーション能力、リーダー的な資質も50代で転職を考える場合、必要になってきます。

自動車メーカーの求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 自動車メーカー求人ガイド【※賢く転職をスタート】 All Rights Reserved.