自動車メーカーと海外勤務

自動車メーカー求人TOP >> 基礎 >> 自動車メーカーと海外勤務

自動車メーカーと海外勤務

海外勤務がしたいからと言って自動車メーカーに就職をした人、就職を希望する人もいます。実際、海外勤務をしている業者の多くが自動車メーカーです。

海外勤務先の国は
海外勤務先で一番多いのが中国です。海外勤務を経験している人のうち3人に1人が中国への勤務だったと答えるほど、最近は中国への勤務が増えています。次いでアメリカが多く、台湾、タイ、シンガポールなどのアジア諸国への勤務先が多くなっています。

経済大国で日本を抜いている中国や、シリコンバレーなど最先端技術が結集しているアメリカは海外勤務先としてかなり多くの割合を占めています。また経済成長が著しいタイやシンガポールなどの東南アジア諸国も最近は多くなってきています。

海外勤務前に
海外勤務前に互角をしっかりと習得しようと思うかもしれませんが、現地に行けば鍛えられます。やはりあいさつ程度の会話はできなければコミュニケーションをとることもできないので不便ですが、100%の語学力をつける必要もありません。海外の人たちはノリの良さも重要です。積極的に話しかける姿勢と、片言でもいいので挨拶をして現地の人に親しみを込めて話をして行くことが必要です。話すことができなければジェスチャーも交えて話しかければ何とか伝わります。

自動車メーカーで海外勤務を断ると
自動車メーカーは海外にも工場を抱えています。総合職の採用になると海外勤務は高確率でやってくると考えておきましょう。総合職でなくても配属先によっては海外勤務を経験することになります。

海外勤務をしたくないと断るとどうなるでしょうか。海外勤務を断るとそれまでと同じように何ら変わることなく本社でずっと勤務するというのは難しくなってきます。会社の意向に背いたわけになるので、国内の地方工場を転々とするような状態になる可能性が高いです。

海外勤務を言い渡されると短くて3年、長いと10年程度、海外で勤務することになります。海外勤務の場合には日本と違って治安のことも会社は考えてくれますので、日本で言うところのセレブな生活が待っています。会社へは専用の車での送迎、自宅はセキュリティのしっかりとしたマンション、ハウスキーパーもいて何不自由のない生活を送ることができます。また、海外勤務を経験して日本に戻ってくると出世コースが待っています。良いポストに行くことができ、将来は安泰です。数年間の海外勤務は厳しいこと辛いことがありますが、すべて出世につながっているのです。

自動車メーカーの求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 自動車メーカー求人ガイド【※賢く転職をスタート】 All Rights Reserved.