自動車メーカーと転勤

自動車メーカー求人TOP >> 基礎 >> 自動車メーカーと転勤

自動車メーカーと転勤

自動車メーカーに就職した場合、転勤は覚悟しておいたほうが良いでしょう。ただし、配属された部署によっては転勤のない場合もあります。大手の自動車メーカーでさらに本社での採用となると転勤はあります。大手自動車メーカーともなれば海外にも工場を持っています。海外への出張もありますが、年単位あるいは月単位での転勤もあります。大手であれば本社とは別に地方に工場を抱えています。本社勤務ばかりではなく地方の工場への勤務もあります。総合職として本社採用されたのであれば、転勤からは逃れられないと考えたほうが良いでしょう。家族がいるから転勤はしたくない、独身だから転勤はしたいとある程度希望を出すことはできますが、転勤の有無を決めるのは会社側です。いくら転勤をしたくないと思っていても会社側の決めることに従うのがサラリーマンです。転勤の辞令が下りても従うことができないと思えば会社を辞めざるを得ないのです。

研究開発に携わる部署に配属された場合、基本的にほとんど転勤はありません。研究開発をする場所が大手自動車メーカーと言えども何か所にもあるわけではありません。研究開発をしていくにあたって何か所にもあるとかえって不便ですし、研究の妨げになってしまいます。そのため転勤もほとんどないのです。ただし研究開発の部署から別の部署に配属された場合は、その部署の傾向によっては転勤が伴ってきます。

自動車メーカーのディーラーでの営業職の場合は車を実際に販売していきます。自動車メーカーのディーラーなど、営業職に配属した場合は県内での採用になります。大手の自動車メーカーともなれば県内にいくつもの販売店を抱えています。県内での採用がなされた場合はその県内の販売店を転勤していくことになります。県内採用ですから県をまたいで隣の県の販売店に転勤をするということはありません。

自動車メーカーの生産ラインに配属された場合は基本的に転勤はありません。この場合もディーラーの営業職と同じく、県内での採用になります。県内にある自動車メーカーの生産ラインでの仕事を行っていきます。軽自動車の生産ラインにいた人が普通自動車の生産ラインに移動すると言うことはあります。生産を行っている工場が県内に点在しているわけではないので、同じ勤務先ではあるが勤務する生産ラインが変わると言うことはあるのです。

また、大手の自動車メーカーは系列の会社や下請けの会社も多く抱えています。系列の会社への転勤もあります。

自動車メーカーの求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 自動車メーカー求人ガイド【※賢く転職をスタート】 All Rights Reserved.