自動車メーカーの求人倍率

自動車メーカー求人TOP >> 基礎 >> 自動車メーカーの求人倍率

自動車メーカーの求人倍率

自動車メーカーの求人倍率について見ていくと、やはり基本としては、大手ほど高いという傾向があります。日本でも最大手のトヨタは、従業員数が7万を超える大企業であり、やはり自動車メーカーといえばまずはそこを目標にするものです。また、大手では海外での事業も非常に盛んであり、海外勤務の可能性も高いです。英語力を生かしてグローバルに働きたいという人にも人気のメーカーになっています。大手は一方で、職種が非常に幅広くなっています。求人数も多いので、求人倍率について正確な数字は出せません。ただ、傾向として、本社勤務、技術職などは倍率が高くなっています。大手ほど倍率が高まる原因は、やはり待遇の良さでしょう。給与については、初任給ではそれほど差は出ませんが、昇給や手当などを含めて、入社後5年からの給与の違いが出てきます。これは求人情報だけでは見えにくいところです。一方、福利厚生面の充実も大きいでしょう。大手の中でもトップクラスのところは、働きやすい環境が整っています。

では、倍率の低めのところはどこでしょうか。これは、まずは営業職があります。営業職はそのイメージからか、避ける人が多いようで、倍率はそれほど高くはありません。その一方で、あくまで同じ社員ですので、待遇面で差はありません。ほかにも、人材の流動性が高いのは直営のディーラーでの営業職です。多くの人がイメージしている営業職はむしろこちらの方であり、成果報酬で働いていることが多いです。むしろそれをやりがいに感じられる適性のある人もいるでしょうから、狙い目と言うことができます。一方、事務職や技術職などは、倍率が高い場合でも、大切なのはスキルです。特に中途採用ともなると、学歴や年齢よりも、とにかくスキルと経験が見られます。逆に言えば、倍率が高くともスキルと経験を持っていれば勝負できるので、おすすめの求人と言えます。

また、大手の中でも、トップを狙わないという方法もあります。大手の中でもトップ5ほどは待遇面は横並びと言ってもいいでしょう。そこで重要になってくるのは、働きやすさです。働きやすさを求人情報で把握するのはなかなか難しいですが、福利厚生、休日などについて、求人情報に詳しい記載があるかどうかが一つのポイントになります。

ほかにも、研修、教育制度でも差が出ます。これらの点をしっかり確認し、トップでなくとも環境のいいところを狙えば、極端な競争は避けられます。倍率の高さが心配な場合は、幅広い選択肢を持っておくと採用の確率を高めることができるでしょう。

自動車メーカーの求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 自動車メーカー求人ガイド【※賢く転職をスタート】 All Rights Reserved.