自動車メーカーの将来性

自動車メーカー求人TOP >> 基礎 >> 自動車メーカーの将来性

自動車メーカーの将来性

自動車メーカーの将来性については、まずは海外展開がカギとなります。自動車メーカーはそもそも、大手になればなるほど、海外市場を重要視しています。特に先進国で販売実績のあるところは、国内市場よりも世界市場のほうが大きくなっています。日本の大手メーカーは大衆車を世界で販売していることが多く、それだけその時々の各国の経済事情などに左右されます。それを考慮していかなる経営戦略を取るかが、結果的にそのメーカーの将来性を決定づけると言っても過言ではありません。海外市場についてはまず、欧米が中心です。人口が多く、自動車を利用する人も多く、そもそも購買力があり、日本との物価の差もないので、安定した収入が見込めます。その一方で、最近は中進国、途上国もポイントになっています。ここには未開拓の市場がたくさんあるほか、成長率も非常に高いので、大きな増益につながるからです。将来性という意味では、中進国が一番大きいかもしれません。中国、南米、アフリカ、ロシアなどもそれにあたります。

特に日本はアジア市場に距離的に近いこともあって、今後は重要な市場になっていきます。途上国向けの自動車販売については、物価の低さなども考慮する必要があり、日本国内と同じような方法で売れるとは限りません。しかし、成長率は日本などの先進国と比べると圧倒的です。早い段階で市場に入り、今のうちに実績を作ることが将来の成長につながります。日本のメーカーの中でも、アジア市場に積極的に参入しているところは、将来性が期待できると考えていいでしょう。これは大手の中でもトップクラスが絶対に勝つというわけでもなく、例えば大手でも下位のメーカーは独自路線に傾注し、軽自動車などの燃費が良くコストのかからない車をアジア市場にどんどん投入している例もあります。

一方、先進国向けの自動車販売でも、動きがあります。先進国で現在最も大きな指示を集めているのは、ハイブリッドカー、あるいは安全性が非常に高い自動車などです。高級車の中でも、デザインや性能と言うよりも、燃費、安全性といったところが重要視されています。そうなると、例えば新たな研究開発に積極的なメーカーなどは、先進国での将来性が大きいと言っていいでしょう。

自動車メーカーの将来性については、専門的なことになるので、例えば転職エージェントなどを利用して分析してもらうのもひとつの手でしょう。専門家の意見を聞くことで、将来性のあるメーカーが自ずと見えてくるはずです。

自動車メーカーの求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 自動車メーカー求人ガイド【※賢く転職をスタート】 All Rights Reserved.